一般社団法人 元気座

「元気座」は登録商標です。 自らの世界を探求し歩みつづける“職人”たちのページです! その他、管理人のよもやま話も混ざります(^_^;)ご了承ください。

カテゴリ:708 > 父の介護の1000日

今年の一月頃…父を看取った後の話です。 とても不思議?な体験をしました。 父の最期の局面での大きな息遣いは今でも忘れることができません。 息を引き取った数日後、『その後』の手続きを諸々進めている頃でした。 地元医師会から借りていた、痰の吸引器を返しに行く ...

11月17日。 ケアマネさんから「熱が40℃あります。」と電話を受ける。 念のため往診の先生を手配していただき診断の結果、肺炎のおそれ?ということで、父はそのまま入院することになった。 その日、夕方病院に駆けつける。 主治医の先生から 「延命治療はどうされます ...

前回、自分の体験上では病院も行政での相談も、 ほとんど力になってもらえなかったという旨を記載しました。 ただ病院は病院でも、そこで定期的に開催されていた家族会は とても有意義なものでした。 毎回テーマが決まっていて、その内容でのビデオなどを見て その ...

父親はアルコール依存症…だったのか?…と気づいてから、色々関連本等を読んだり情報を集めてみました。 いわゆるアルコール専門と言われる病院も三ヶ所相談にも行き、診察?らしきものも本人と一緒に行きました。 専門!と標榜する医療機関に期待して行った結果、残っ ...

いろいろ悪徳な商法がありますが、新聞の勧誘というのも どうかと思いますね。 ご高齢の方の独り暮らし場合「新聞の勧誘」にも気を付けないと いけません。 うちの父も電話の勧誘やら、訪問販売などが来ると、結構簡単に 契約してしまいます。 一時は血がサラサラ ...

…と、しかし総合病院ってのは、なかなか大変ですね。 一応、父親のかかりつけってのもあるし、亡き母もかかっていた病院ってこともあり 父は他に行くよりここ船橋C病院の方がいいようです。 総合病院だからといってもここの病院では一人の患者のデータを 各診療科ごとに共 ...

週に2回実家の父親の様子を確認しつつ午前中から昼過ぎまで行くように しています。 数年前までは行かれる時間を見つけて行く…ようにしていましたが このやり方だと、仕事が入ったとか、 帰りがけ…電車から親のマンションは見えるものの 座席に座ってしまって、仕事の ...

父がアルコール依存症?と知ったのは母の死去後でした。 子供の頃より、お酒によりいろんなシーンに苦しめられてきたものの これが病気だったと考えることは全くありませんでした。 …というのも、私の父はどんなに酔っぱらって帰宅しても、 翌朝、二日酔いで仕事を休ん ...

なんか内容は変わった夢でした(^-^;。 ある部分から庭に水をまくシーンになりました。 そしたらなぜか消火栓のホースのようなものが出てきて扱いに戸惑っていたら撒水する前に家が床上浸水のような状態に(^-^; そしたら何故かもう既に亡くなっている母が出てきました。以前 ...

↑このページのトップヘ