a12f4839.jpg一月最後の晩、皆既月食を見ました。
満月が次第に欠けて行き、やがて現れた赤銅色の月。
寒さも忘れて ぼんやり眺めていました。

今年は元旦に佃で月の出に出会いました。まどかな大きな月が、ゆっくりと上って行くのを小橋の上で眺めました。
久しぶりに、ほのぼのと穏やかな時間でした。

暗い夜空に浮かぶ、小さなあかがねの月を見ていて、ふと元旦の夜のことを思い出しました。
月の出に始まり皆既月食に終わった一月。
なんだか不思議な感じです。