東日本大震災復興祈念ウォーキング【犬吠埼到達】から続く〜

当面の目標だった八戸蕪島〜千葉県犬吠埼までのウォーキングが今年のゴールデンウィークで到達できたので
この夏からは、この4年間の道中で三陸鉄道を利用した数区間や到達していない岬?半島?の突端等をスポットスポットで再訪の旅…という形でまだまだ継続することにしました。

…ということで最初に選んだのは、やっぱりこの復興祈念ウォーキングの原点ともなった【北山崎】へ至るコースの三陸鉄道 堀内駅〜くろさき荘までの行程です。2014春の部【一日目】参照

で、出発は7月14日金曜日 品川駅からの深夜バスBEAM1号で。
例によってあまり寝ることができないまま気が付いたら盛岡駅。
7月15日 午前5時頃。
IMG_20170715_050844

目的は宮古駅。
盛岡から2時間ほどで宮古駅到着!
IMG_20170715_070539
三年ぶりの宮古駅はこれで三度目の訪問になります。
IMG_20170715_070611
JRの宮古駅
IMG_20170715_071139
こちらは三陸鉄道の宮古駅です。
IMG_20170715_071227
ここからは三陸鉄道で堀内駅まで移動しますが、一時間弱あります。
時間を有効に使うため、三年前にもお世話になった近くの横山八幡宮にお参りに行くことにしました。IMG_20170715_073623

結構な階段を登って…
IMG_20170715_073707



















今日からの道中の安全祈願です。
IMG_20170715_073829


駅へ戻る跨線橋の上から。乗っていく?三陸鉄道の車輛が見えます。
IMG_20170715_074444
途中のコンビニで氷と水を確保。
午前8時前。宮古駅で車両に乗り込みました。
IMG_20170715_091511

IMG_20170715_075454

IMG_20170715_080050








































例によってお洒落なレトロ風車両です。
IMG_20170715_091208
ここから堀内駅までは1時間ちょいです。
その間、今日のコースを予習します。
IMG_20170715_085253
出発前に普代村の観光交流推進係の方がガイドマップを送ってきてくれました。
まさに今回辿るコースが事前に判っていたかのようなマップでした(^.^)
さて、そのコース上に「宇留部(うるべ)山」というところがあります。
BlogPaint
そこの解説を読むと…「熊と遭遇する可能性」とあります。
BlogPaint
可能性大!ということは可能性があります…という記述よりもかなり遭遇可能性が大きいという表現に見えます(@_@;)
航空写真で言うと、真ん中あたりの緑のこんもりした辺りの山になります。

濃い緑になっていますので、いかにも熊が住んでいてもおかしくないような気配が漂います^^;
潮風トレイルのコースもこの山を越えて普代中学校の辺りに抜けていく設定になっていますので、今回はちょっと装備も増強して臨むことにしました。
9:14 堀内駅到着〜 
IMG_20170715_091705
ほりうち…ではなく「ほりない」と読みます。IMG_20170715_091709
三年前の春、目測を誤ってこの先普代駅までを三陸鉄道を利用させていただこうと、この駅舎で休もうとしていたところに車両が登場して慌てて乗車したのを思い出します^^;
IMG_20170715_091723
こちらの駅舎で氷で水を充填。
IMG_20170715_091941
そして熊対策に今回は鈴を増設。そしてラジオ。更に熊避けスプレーも準備しました。
IMG_20170715_093003
これ案外高価なんです。13000円くらいのものと10,000円くらいものがあるんですが、3,000円の違いで助かっていたのかも…?とはなりたくないので、高い方にしました^^;
それと、今回新調したモンベルのトレッキングシューズ。靴ひもをしっかり締め直してスタートします。
IMG_20170715_093648
三年前はへとへとで景色を眺める余裕ありませんでしたが、ホームからはこんな絶景が拡がっていました。
IMG_20170715_091647

IMG_20170715_091651
駅舎の下を
IMG_20170715_094021
潜り抜けて
IMG_20170715_094042
海方面へ向かいます。IMG_20170715_094234
東北とはいえ暑いです…^^;
まついそ公園
IMG_20170715_094814
公園から拡がる太平洋です。
IMG_20170715_095039
ガイドマップの表記がよくわからず一旦国道45号線に出ました。
堀内大橋
IMG_20170715_095753
大橋から海側を望む
IMG_20170715_095907
下方に見えるが三陸鉄道の大沢橋梁です。
結局、目指すコースはこの橋を渡るのではなく、手前に戻ってぐるりとこの橋をくぐっていくのが正しいコースだとわかり、若干めげながらも迂回することに…

遠目に先ほどの堀内大橋と三陸鉄道大沢橋梁の両方が見えます。
IMG_20170715_100639
可愛い花々に癒されながらこの路地を鋭角的に左へ曲がって沢沿いに下りていきます。
IMG_20170715_101056
こちらが堀内大橋の真下になります。さっき一旦渡った橋です。
IMG_20170715_101647
そして三陸鉄道大沢橋梁。
IMG_20170715_101658
潮風トレイルのコースマップを見ながらも、ここ沢漁港に出てからのコースがよくわからず…
でもここしかないよな?と予測で先へ…
IMG_20170715_101918
コースマップにも沢の渡渉。増水時は注意と書いてあったので、ここだな、きっと。という感じで進みます。
IMG_20170715_102548
その先も…
IMG_20170715_102557
こんな状態ですが、背丈を超えるような雑草をバリバリと掻き分けて進みます。こりゃ手足がちゃんと隠れる服装でないとだめです。小さい子供連れとかではとても無理なコース状態です。
IMG_20170715_102650
雑草を掻き分け掻き分け先にすすむとようやく遊歩道?状の箇所に出ました。
IMG_20170715_102858
しばらく行くと白井漁港が見えてきました。
IMG_20170715_112531
白井海岸から
IMG_20170715_113032
力持海岸
IMG_20170715_113138
先に見えるトンネルを抜けます。
IMG_20170715_113226
トンネル手前。水が綺麗です。
IMG_20170715_113337
力持浜トンネル
IMG_20170715_113443
トンネルを抜けると…
力持川沿いに出ます。
IMG_20170715_115255
潮風トレイルのコースとしては、この先からまた左の山に分け入るのですが、入口がわからずしばらく行き過ぎる。
引き返すとようやく道端にあるしるしを発見。
IMG_20170715_115623













このくらいの感じですから、うっかりしていると見落としそうです。
IMG_20170715_115633
道は、やはり険しいですがこのコースを進んでいきます。
IMG_20170715_115650
さぁ、また沢を渡ります。
IMG_20170715_115936
綱渡りみたいな状態^^;。トレッキングポールやらでっかいザックを背負っているのでバランスとるのが大変
IMG_20170715_120018
この先が例の宇留部山になります。この山を抜けて普代の街に出る予定。
鬱蒼とした木々に囲まれて、熊がいてもほんとにおかしくない雰囲気…
ラジオをつけてボリュームは最大にしました^^;
IMG_20170715_120206
ところどころ目印らしきリボン等にホッとします。
IMG_20170715_120243
しばらくは急斜面が続き、重い荷物と岩手県でも今年一番の暑さという気温に体力が奪われてしまいます。
軽く熱中症気味で途中で横になって休んだり。
IMG_20170715_132555
随所に倒木やらもあって、開通したトレイルコースとは思えない。
IMG_20170715_132933
潮風トレイルの目印を頼りに歩いていたが、気が付くとコースから外れていることに気づきました。
先ほどのコースも存分に荒れているように感じましたが、ほんとに人が入らない山の中というのは、足元は雑草や木の根に取られ、所狭しと伸びている木々の枝がザックを引っ張ったり顔に当たったりとかなりのストレス。しばらくはコースに戻れるだろうと思いつつ進んだものの、このまま迷いこんだら日が暮れたら遭難?
と頭をよぎり始めたので、目測でもと来た道の方面を目指して戻ることにしました。
200メートルもない低山ながら正直かなり不安でしたが、15分ほどでしょうか?歩くと、潮風トレイルのリボンが
下がっている見覚えのある場所に辿り着きました。

さて…ここからはどうしたものか…?
ちょっと荷物も下して楽な状態になって思案する。

コースには戻ったものの、そこから先については取るべき道がはっきりわかりません。
方位磁石を見れば普代の街は南西の方角。
とにかく南西に向かっていけば、1時間もしないうちに山を下りられるのでは?
と頭をよぎったりもしましたが、また完全な道になっていない山道となった場合に突破していく自信も今一つありませんでした。
そこで、ガイドマップを事前に送っていただいた普代村の方を思い出しました。
送付状に「なにかあったらお電話ください」との一言。

土曜日ながら出ていただけるか?と思いましたが、電話に出てくれました。
事情を話し、ぐるりと周囲を見回した時です…
進行方向、おそらく200〜300メートルくらいの斜面に木々の間を素早く動く黒い物体が目に入りました。
「あ!熊がいます」
初めて野生の熊と遭遇しました!
この詳細については別スレ【初めて野生の熊と遭遇しました!】に書きますのでそちらをご覧ください。

電話していたので、比較的落ち着いて判断できました。
やむを得ず、ここまで来た道を引き返すことに。

帰りはずっと下りなので、戻る分には体力的には楽でした。

この間、さすがに写真は一枚もありませんが、30分ほどでしょうか?逃げるように道を戻り、先ほどの沢を渡って、ようやく元の舗装路に出ました。
IMG_20170715_151320
ここまで来れば一安心。
ザックもおろし、靴も脱いで休憩します。
あ、メガネがない!
逃げるように下ってきた山道で何度か頭に引っ掛かる枝に奪われてしまったようです。
と言っても熊のいた山道へ戻る気もなく、諦める。
実は、この日の予想外の暑さで、ハイドレーション2リットルの水も飲みきってしまい、氷だけの状態となっていたのでとりあえずは水分補給がしたくなり、ほど近くにある事業所風の建物わきの自販機を見つけたので、そこで水分補給。
IMG_20170715_154135
そこで一休みしていると、その事業所の方が軽トラックで戻ってこられました。
声をかけてくれたので、熊に遭って戻ってきた旨をお話ししたら
「ここから普代駅まで乗せていってあげるよ」と親切なお言葉をいただく。
今回、不測の事態であっただけに、かなり時間のロスもあり、その御厚意に甘えることにしました。
ここから約3.2km。そんな大した距離ではないのですが、精神的にも身体的にもこの時はかなり落ちていましたので…

16:00 三陸鉄道 普代駅 到着
IMG_20170715_160723
もう既にこの時間。
ここから今日のくろさきオートキャンプ場まで歩くとしたらまた日が暮れてしまいそうです。
またしても黒崎までの徒歩での到達は断念せざるを得ないか…?

兎に角、今回立ち寄りスポットして気になっていた有名な普代水門まで歩いていくことにしました。

20分ほど歩くと普代水門が見えてきました。
IMG_20170715_162718
この水門のおかげで東日本大震災の時は普代村の被害を最小限に食い止めたとか…。
IMG_20170715_162733

IMG_20170715_162746
丈夫に記されている津波の到達高さが、その脅威を物語ります。
IMG_20170715_162800
ほんとはあちら側に見える山から下りてきてこの水門の内側の歩道を向こうから歩いて渡ってくる予定でした。
IMG_20170715_162829
水門の上から整備の進んだ普代海水浴場(普代浜園地キラウミ海水浴場)を眺める。
IMG_20170715_162902

IMG_20170715_165849
水門の向こうに越えられなかった宇留部山…
IMG_20170715_162955
海側から水門までは嵩上げをしてこのように整備中です。
IMG_20170715_165907
さて、この先は くろさきオートキャンプ場です。
もう既に17時。テントの設営を考えると真っ暗な中での設営もやっかいなので歩いての到達は今日は諦める事にしました…
前回は三陸の起伏に挫折。今回は暑さと熊の前に挫折かぁ…と敗北感を味わいながら、キャンプ場まではタクシーで移動することにしました。
この海水浴場まで来てくれたタクシーの運転手の方も熊に見つからなくてよかったねぇと案じてくれました。
15分もすれば くろさきオートキャンプ場に到着。

有名な管理人のおじさんにテントサイトの手続き。
IMG_20170715_171858
独りテントの場合はフリーサイトゾーンになるらしいのですが、今回は混んでないから…とオートキャンプ用の
広いスペースを提供してくれました。
IMG_20170715_172423
荷物を置いてテント設営開始します。
IMG_20170715_172430
17:30設営完了(^.^)
IMG_20170715_173822
さて、まずは汗を流しに。
歩いて数分の3年前にもお世話になった国民宿舎くろさき荘で日帰り入浴へ。
IMG_20170715_175754
こちらのお風呂は海が一望できて最高なんです。
IMG_20170715_180031
お風呂が気になる方は
平成26年4月26日←の道中記をご覧ください。
さて、風呂上りに独り慰労会です。
IMG_20170715_185136
だいぶ生き返ったところで、キャンプ場へ戻ります。
19:30 今日の夜ご飯はカップラーメンとテレビで見たトレッキング飯?で覚えた カレーコンビーフンの真似事にチャレンジ(笑)
有り合わせのハードウェアでの限りではなかなかの仕上がりでした。見た目は悪いがなかなか美味しいですよ。
IMG_20170715_201259
最期にホットコーヒー。
同じ鍋で湯を沸かすからややカレー風味の珈琲になりました^^;
IMG_20170715_203423

さて、早めに休んで明日に備えよう…

時折、バキバキ…とか物音がすると、もしかして熊?な〜んてなかなか寝付かれませんでした〜


二日目へ続く