39a32f3a.jpg
25c33f14.jpg
7669689e.jpg
今年は桜時が定まらない陽気でしたが、いつしか葉桜も目立つようになってきました。
三月から四月にかけては目白方面に出ることが多く、今年も「故郷の花たち」に会いに行くことができました。
けれど、去年あたりから旧い馴染みの桜や子供の頃眺めていた木も随分失われてしまいました。
訪ねたのは春陽の霧れる薄曇りの日。
いつもの散歩道を訪ねてみると馴染みの木はもはや無く、切り株や木のあった痕跡があるばかり。
触れてみるとほのかに温かい感触。春の陽が微かに当たって暖まった地面に、かつて幹に触れた時と同じ温もりを感じました。
今年の里帰りのお花見は文字通りの花巡礼になってしまいましたが、今も変わらぬ御留山の桜の坂道や新たに整備された公園は静かに花の盛りを迎えていました。
いつも同じように感じていた春ごとの習慣も、思えば 随分長く続いているものです。
いつしか景色も時代も移ろって、桜の木が年老いてしまうほどに。もちろん自分も、同じく年を経ているということになるのですが…。


写真は思い出の桜の跡地とかつての桜の姿です。