東日本大震災復興祈念ウォーキング シーズン2【福島県常磐線 久ノ浜駅〜塩屋崎〜豊間】から続く

豊間で朝を迎えました。
朝ごはんは、きゅういちさんの定食部門で。
熱中症から無事回復。
ほんとにゆっくりできました。
そうそう、定食屋さんではありますが、本格珈琲も飲めるんです!
B&Bきゅういちの皆さんにお礼を述べて出発です。
左が代表者のお父さん。右がフットケアの達人でもある娘さんです。
お世話になりました!
IMG_20160813_080429
9時前には出発。
近くの豊間の海岸線へ。ご覧のように大掛かりに防潮堤の工事が進んでいます。
遠くに昨日の塩屋崎灯台が見えます。
IMG_20160813_085942
今日は工事はお休みでしたので、最上部まで上がって眺めることができました。
IMG_20160813_085946
私が歩いて見てきた範囲での私見ですが、なんとなく福島の方が粛々と防潮堤が出来上がりつつあるように見えました。
この豊間もかなりの規模です。
写真ではわかりづらいですが、この立っている場所は相当な盛り土がされています。
ただ計画を見るとこの盛り土部分は「防災緑地」という位置付けになっています。
この緑地の高さは10.2m。幅は50m。(高さは東京湾平均海面の基準からの数値を指すようです)
IMG_20160813_085953
「防潮堤」とされる部分は写真で海沿いの下方に見えるコンクリート部分のこととなっています。
ここは元々が5.5mだったものが7.2mへ大きくされたとのこと。
IMG_20160813_091245
防災緑地…ということで、ご覧のように木々が植えられています。
この木々が育ってきたら周辺の風景として違和感のないものになるのであればよいですね。
IMG_20160813_120452
私の勉強不足もあるのかと思いますが、福島県は日頃伝え聞く部分としては被災地としての内容はどちらかといえば原発の話が圧倒的で津波の被災地としてのイメージを正直あまり抱いておりませんでした。
IMG_20160813_090600
前日訪れた浪江の請戸地区もそうでしたが、その光景は津波でなにもかも流されてしまった風景がそのままいまだに残されているという状態。福島県も岩手県や宮城県と同様に壮絶な津波の影響があったということが今更ながらに気づかされた部分でした。
IMG_20160813_090732
ここ豊間もそうでした。
訪れるまでは地名すらも知らない土地でした。
いただいた資料によれば震災の時には、この豊間を襲った津波は8.57mに達し、全壊家屋は72%という激しい被害を受けたと書かれています。
IMG_20160813_091110
これだけの被災をしたエリアであるのに、なぜ報道格差があるのだろう?このように福島以南の海沿いにも、まだまだ大きな被害を受けた部分があるのかもしれない、あるはずだろうという思い尚更にこれからも歩いてみよう!と今回強く感じました。
IMG_20160813_091458
とよマルシェを出て程なく…遠目に偉く立派な建物が見えてきました。
お…どなたか名士の方の別荘かな?とか想像しつつ。
IMG_20160813_091602
海沿いを進みます。
IMG_20160813_091719
なんとなく懐かしさを覚える細い路地を通りながら海からの斜面に広がる集落を登っていきます。
IMG_20160813_091829
IMG_20160813_091941






























IMG_20160813_092025

IMG_20160813_092141
そうしますと、先ほどの立派な建物が近づいてきました。
すると・・・
別荘ではなく
IMG_20160813_092302
絵本美術館

調べてみると私立保育園の付属施設として造られたものであるそうです。
なんとしかも建築家 安藤忠雄氏の設計によるものだとか!
驚きました。保育園の付属施設ということもあって一般には公には解放されていないようで興味はありましたが諦めました。
見学を希望する場合には
事前申込となっており、住所へ往復はがきに住所・氏名・連絡先を明記のうえ郵送。
後日日時を指定された招待状が送られてくる…形態のようです。
いずれ行ってみたいなぁ。
IMG_20160813_092511
絵本美術館から10分もしないところ。
江名諏訪神社。
IMG_20160813_093507

江名の街が一望できます。
IMG_20160813_093758
震災からの復興を祈念する石碑が。
IMG_20160813_093646






















江名の港を通過
IMG_20160813_094230
海沿いは工事が進んでいます。
この車両は海から引き揚げられたものでしょうか…?
IMG_20160813_094747

IMG_20160813_094801
江名港の西側付近
IMG_20160813_095229
海沿いを辿ります。
IMG_20160813_095238
民家のひまわりに癒される
IMG_20160813_095406

IMG_20160813_095446
折戸バス停付近。中之作港が見えてきました。
IMG_20160813_100354
港に沿いながら先へ進んでいくと、趣のある民家?施設?が出てきました。
IMG_20160813_100552

あ!こちらが昨夜とよマルシェのB&Bきゅういちさんで聞いた『中之作プロジェクト』さんでは?
と気づく。何かオープンな施設のようなので、入ってみる事に。
IMG_20160813_101537
この日はなにやら写真展が開催されていました。
IMG_20160813_101504
いわゆる古民家ですが
IMG_20160813_101418
内部も、本当にそのまま
IMG_20160813_101425
保存されています。
IMG_20160813_101441
時の流れがここだけ止まっているような空間です。
IMG_20160813_101546
かき氷が販売されていました。
暑さ凌ぎで注文…写真忘れました^^;
2階に上がって一休み。
IMG_20160813_102848
正面はこのように中之作港が一望できます。
IMG_20160813_102908
お気に入りの一枚。
IMG_20160813_102930
かき氷を食べながら休憩中にこちらを運営されている代表の方が上がってきてくれました。
なにやらありがたい事に、私のこのウォーキングの事にご興味を持っていただけたご様子。
IMG_20160813_103058
この施設を運営されておられるのが『NPO法人 中之作プロジェクト』さん。
そしてこちらの施設の名称が『清航館』ということ。
震災の時に津波で被災したこの建物。
建物の高さでいうと2m程のとこまで津波に浸かってしまったそうですが、全壊は免れた。
しかしながら当時の所有者の方のご意向で取り壊す…という事になったとか。
津波に耐えた築200年のこの建物を人間によって壊すなんていかがなものか!と元々ご本業が建築家である豊田さん(写真左)。この建物を買い取って再生を決意したとのこと。
IMG_20160813_112236
その後、ボランティアさんなどの力を借りながら時間をかけて再生に取り掛かり、この「清航館」が出来上がったそうです。
他にも、廃屋の再生と再利用なども現在は推し進めておられます。
また、そうやって中之作の街並みを保存を目指すと同時に、地域の交流の拠点として楽しく人が自然に集まってくるイベントをしかけ活性化を推し進めてもいらっしゃいます。
IMG_20160813_113551
溢れるアイディアに、私も賛同しきり。
何か参加させていただけるものがあったらぜひともお手伝いにお伺いしたい!思いました。
こちらで一時間半ほどゆっくりさせていただきました。
IMG_20160813_113717
12:30再訪をお約束しながら、お別れし先へ向かいます。
この後は小名浜を目指します。
そういえば先ほど「江名(えな)」という地名がありましたが、その先が「小名浜(おなはま)」。
他に宇名(うな)、伊名(いな)、亜名(あな)とかってあるのかな?なんてくだらない連想をしてしまいまいた。
伊那はありますよね?福島じゃないけど。
IMG_20160813_115829
県道15号線。永崎バイパスは海沿いになります。
IMG_20160813_120302
ここから先は三崎公園を目指します。

IMG_20160813_123404
海。爽快です。
IMG_20160813_123643
13:00頃。到着。
お昼を食べたいなぁ…と思いましたが、レストラン激混みでここではあきらめました。
暑さから逃れるべく木陰に寝そべって休憩。
IMG_20160813_130217
なかなか立派な公園です。
misaki_map
いわきマリンタワーには登りませんでしたが、潮見台他から見える海は絶景でした。
IMG_20160813_134704
潮見台の直下(@_@;)
IMG_20160813_134711

IMG_20160813_134730

IMG_20160813_134743

IMG_20160813_134804

IMG_20160813_134900

IMG_20160813_134942
真ん中に見えるタワーがマリンタワー
IMG_20160813_135022
いやはや
IMG_20160813_135032
ほんと爽快な海です。
IMG_20160813_135044
さて、小一時間で切り上げて、三崎公園から小名浜港を目指します。
公園からの坂を下りていくと松下海岸公園というところがあります。

人工的ではありますが、市民の憩いの場になっているようです。
IMG_20160813_140308
奇岩?というのか名所名跡となっているような場所もあります。
IMG_20160813_140542
しかしどこに行っても、不届き者がいるためにこういった制約をしなければならなくなっていました。
せっかくの憩いの場が困ったものです。
IMG_20160813_140252






















そしてトンネルを抜けると小名浜港に出ました。
IMG_20160813_140925
圧倒的に響き渡るアブラゼミの大合唱の中に微かに聞こえるヒグラシの声がなにやらソロパートを奏でているようで印象的でした。
IMG_20160813_140916
三崎公園で食べ損ねたお昼ごはん。
やっぱここまで来たら海鮮だよね!ってことで、トンネル出てすぐのまるかつさんへ。
IMG_20160813_145757
もう14時でランチタイムぎりぎり?
IMG_20160813_141816
大丈夫でした。海鮮丼を。
IMG_20160813_142804
この店舗も被災の規模が大きかったようです。
IMG_20160813_144912
15:00 十分に満足して退出します。
大きな港です。
IMG_20160813_150219
小名浜魚市場。
IMG_20160813_151210
巨大なお土産販売ゾーン いわき・ら・ら・ミュウ が登場!
IMG_20160813_151242

IMG_20160813_151320

IMG_20160813_151409
今回のウォーキングは小名浜で切り上げます。
小名浜というと地名は有名なので電車でのアクセスもあると思い込んでいましたが意外に存在しません。
バスで近くの常磐線泉駅まで出ます。
IMG_20160813_155433






















そして、今日は帰る前に、もうひとつ寄り道します。
…というのは、一昨日に見逃した広野の花火大会。
どうしても地元の風情に触れたくって、先ほど訪ねた清航館で出会った女性が教えてくれた、常磐線内郷駅で開催される伝統的なお祭りという回転櫓

盆踊り回転櫓29年ぶり新調 4代目登場へ←河北新報記事

で、こちらが、本日前夜祭とのこと。
調べてみたら泉駅から近くなので、こちらに立ち寄りそれから特急で帰ることにしました。

常磐線 内郷駅へ移動。小さな駅ですが、駅前の広場は結構な賑わいになっていました。
IMG_20160813_170942
残念ながら前夜祭に今日は櫓は回転しないということでしたが、風情充分です。
IMG_20160813_184059
こちらで飲み食いしつつ、地元に所縁のあるミュージシャンの方々の演奏を楽しませていただきました。

20時頃で切り上げ、帰路へ。
駅ネットでスマホから特急ひたち予約。
いつもは比較的すいているこの路線ですが、今日はなぜか最後の一席でした。
途中日立駅からドバっと若者が乗車。
車内ごらんのように通路まで乗客でいっぱいになりました。
IMG_20160813_212947
あぁ、そうか。
Rock in Japan Fes.がひたち海浜公園で行われていたんだ…
なるほど。
座席確保できてよかった。

夏の部。本日で終了です。
福島県に入って、またいろんな出会いに恵まれました。ありがとうございました。

小名浜〜茨城県五浦】へ続く