シーズン2【福島県浪江町請戸〜富岡町周辺】から続く…

前日の広野での花火大会素通り見逃しショック…を払拭するために一晩思案。
・・・の結果ややスタート地点を変更することにしました。
福島第一原発以南については当初は常磐線の南側で開通している竜田駅から再開の予定としていましたが、
やはり海の風景を早く見たい!ということで数駅いわき寄りにずらして【久ノ浜駅】からスタートすることとしました。
IMG_20160812_080708
さて、ここでおさらいです。
常磐線はいまだに相当な不通区間があります。
現地の方からすれば当たり前の事実のこととは思いますが、離れている我々・・・?とは言わずまでも少なくとも私の感覚ではここまでは知らずにおりました。
平成28年12月現在
福島県区間では

小高⇒×⇒桃内⇒×⇒浪江⇒×⇒双葉⇒×⇒大野⇒×⇒夜ノ森⇒×⇒富岡⇒×⇒竜田

の約35kmが不通区間です。

竜田駅から南へ3駅移動しますと浜辺を辿りやすい久ノ浜駅になります。
IMG_20160812_081020

am8:13
駅を出ますと、このような風景です。
IMG_20160812_081329
久ノ浜の区域では浸水区域の全戸数 694戸で、うち67%にあたる465戸が大規模半壊以上…
であったとのこと。
海に近づくと台形状の防潮堤が出来上がりつつありました。
IMG_20160812_081500

IMG_20160812_094843

IMG_20160812_094911

IMG_20160812_095017

IMG_20160812_082221
爽快な海が拡がっています。
IMG_20160812_081727
この先が殿上崎になるようです。
IMG_20160812_081843

IMG_20160812_082041
この先、殿上崎まで行ってみようか?と行きかけましたが、ウォーキングとして目的地は反対方向。
やはり先に進める方が良いかなと引き返しました。

蔭磯橋
IMG_20160812_082344
震災時には完全に津波に飲みこまれたようです。
今はその陸側に新たに新設中でした。
IMG_20160812_082354
橋の上を歩いていると、通りかかったワゴン車の男性が声をかけてくれました。
男性「すみません…聞いてもいいですか?」
私「ええ、はい」
男性「なんで歩いているんですか?」
これこれしかじか・・・とこれまでの足跡を軽く説明。
するととてもご興味を持っていただけました。
「よかったら、少しこの先へ行こうと思っていんですけどご一緒しませんか?」
と言っていただいたので、先ほど踵を返して向かわなかった反対側まで少しご一緒することに。
この方は長野県から来られたというFさん。
被災地を時間を見つけては車で訪ねては、現地の方と交流を進めておられるようでした。
その先の久ノ浜地方卸売市場の方へ出て車を止める。
陸側を見ると高台への避難道が完成しかかっていました。
IMG_20160812_085640
登ってみる。
IMG_20160812_085708
登りきるとこのような風景が拡がっています。
IMG_20160812_090217

IMG_20160812_090220
登りきったところに新規造成された宅地の見学会が準備中でした。
IMG_20160812_091723
Fさん、とてもお話し好き。宅地分譲の現地案内の方とのお話しが弾みます。
…じゃ、私はここで…と途中で切り上げるわけにもいかないのでしばしご一緒して
結構、ここで時間を費やす^^;

その後、先ほど声をかけてもらった橋のところでFさんとはお別れ。
am9:48…ということは1時間半近く久ノ浜に留まったことになりました(笑)
さて、ここから本格的にスタートです。
ふり返ると先ほどの殿上崎が見えます。
IMG_20160812_100100
天気が良いです。ウォーキング日和…少し暑いかな?
IMG_20160812_101019
その分、空も海も青いです!
IMG_20160812_101026
風が強い
IMG_20160812_101840
30分ほど歩くと波立海岸に
IMG_20160812_103055
先に見える小島までかつては橋で渡る事ができたようです。
IMG_20160812_103150
橋は壊れたままです。
IMG_20160812_103308
途中まで渡ってみました。
IMG_20160812_103358

IMG_20160812_103353

IMG_20160812_103329
ここは国道6号線。陸前浜街道です。波立トンネル。
IMG_20160812_103404
トンネル内通過。
IMG_20160812_103605
波立トンネルを抜けると、そこはまた美しい海が。
IMG_20160812_103749
そしてまたすぐ江之網トンネル
IMG_20160812_103959
脇にあった歩行者用トンネル。こういうのがあるとウォーカーにはとても助かるんです(^^)
IMG_20160812_104009

IMG_20160812_104235
先の方に 太平洋健康センター いわき蟹洗温泉 が見えてきました。
これだけ海に面してますので、こちらも被災し、その後は営業休止中でしたが2013年の7月に営業再開したとのこと。こちらにもできれば宿泊してみたかったのですが、まだ少しも歩いていませんので、今回は残念ながら通過。
この辺りはいわき市四倉町になります。
IMG_20160812_104238
綺麗な海です。
IMG_20160812_104322

IMG_20160812_104437
四倉港沿い
IMG_20160812_104539
ここにも防潮堤が出来上がりつつあります。
IMG_20160812_104924
通過車両と比較すると高さ約5メートルくらいでしょうか
IMG_20160812_105032
道の駅よつくら港
IMG_20160812_105134






















10:50こちらで休憩とします。
IMG_20160812_110312
30分ほど休んでから再スタート。
四倉海水浴場です。
IMG_20160812_113508
そういえば、八戸からずっと沿岸部を歩いてきましたが、こういう海水浴場!という海水浴場に出くわしたのはここが初めてかな…
この海水浴場も先ほどの蟹洗温泉と同じ時期、2013年7月に再開したとか。
IMG_20160812_114450
楽しい海が戻ってきたんですね。
IMG_20160812_114736
海沿いを歩いてみます。
IMG_20160812_114836
しばらく行くと人けがなくなりました。正午過ぎ…暑い(@_@;)
IMG_20160812_115336
ここでも震災の遺構が残っています。
IMG_20160812_120752
商店の面影があります。
IMG_20160812_120827

IMG_20160812_120837


新舞子海水浴場に来ると、何やら謎めいた建物が
IMG_20160812_121436
喫茶ブルボン 新舞子店…とのこと。
IMG_20160812_121448
休業中?のようでした。
IMG_20160812_121457
移転した…とあります。ぜひ、店内を覗いてみたかった。
IMG_20160812_121510

さて、今日はとりあえず塩屋崎を目指しますが、容赦ない陽射しが襲います。
IMG_20160812_121709
日光を遮るものはなく正午過ぎの暑さが徐々にスタミナを奪います。

延々こんな感じ。
IMG_20160812_123530

IMG_20160812_125632

IMG_20160812_130209

IMG_20160812_130314
13:35塩屋崎灯台まではあと6km
IMG_20160812_133556
わずかな日陰を見つけて休憩。かなりバテテきました^^;
IMG_20160812_141125
とにかく塩屋崎目指して頑張る。

富神崎周辺。
水産品の加工場のような施設が集まっていました。
IMG_20160812_143454
ここでも新旧防潮堤の世代交代が進みつつあるようです。
IMG_20160812_143512

IMG_20160812_143615
富神崎を抜けるとまた広大な海が拡がります。
IMG_20160812_143758
この瞬間だけは疲れを一瞬忘れる事ができますが…
IMG_20160812_144804

薄磯海岸付近に到達。
かつては風光明媚な海水浴場が展開されていたとのこと。
IMG_20160812_150050
青い空
IMG_20160812_150110
ご覧のように大掛かりな工事が一帯で進められていました。
IMG_20160812_150648
遠目に塩屋崎灯台が見えてきました。
この日は距離としては20kmも歩いておらず大したことはないのですが、暑さにすっかりやられていてこの段階でかなりグロッキーでした。
IMG_20160812_150653
見えている灯台がとても遠くに感じてしまいます(@_@;)

こういう計画なんだそうです。
IMG_20160812_150711

ちょっと行くと永遠のひばり像が出てきました。
IMG_20160812_151345

震災時にほぼ無傷の状態で残ったとか。元の場所に健在です。
IMG_20160812_151411






















ここからは灯台もとても綺麗に見えました。
IMG_20160812_151443
もう、体力ゼロ(@_@;)
とりあえず灯台まで頑張ろう!
IMG_20160812_152720
少しずつ登っていきます。
IMG_20160812_152725

IMG_20160812_152750

IMG_20160812_152754
灯台に上がるには料金を払います。
受付窓口の女性に
「宿泊できるところでこちらから一番近いところはどこでしょう?」
と問いかけてみました。
「ホテル塩屋崎・・・になりますかねぇ・・・。あ、でも一番近いところだととよマルシェというところがあって、そこにも泊まれるところがありますよ。空いていればですけど。チラシがあったはずなんですけどねぇ。ちょっと探しておきますから先に灯台に上がってきてください。それまでに見つけておきますから」
とご親切にご対応いただく。
灯台からの風景です。
IMG_20160812_153808

IMG_20160812_153818

IMG_20160812_153836

IMG_20160812_153839

IMG_20160812_153925
そして、先ほどの窓口へ
IMG_20160812_154155




















「ありましたよ〜」
見つけ出してくれた、とよマルシェのリーフレットをいただく。
おおまかに道を聞いて、手厚く御礼を申し述べた後に再出発。16時前
開いてますように・・・と祈りながら。
ここからは1.6km

いかに近くとも開いていなければ意味がない。

先に電話してみたら?と思われるかもしれないのですが、「今日はやってません」という事実がわかったら嫌だな〜と思って電話できず^^;
歩いて行って辿り着いてから知る方がダメージも大きいんじゃん?と言われそうですが、結構問題を先送りしてしまう性質なんです(笑)

20分ほどで、それらしき仮設商店に到着。
こちらが とよマルシェ
IMG_20160812_161445
そうか、復興商店街のことだったんだ。
ウォーキングの趣旨からすれば、こちらに泊まれる方が絶対いい。
ここでトレーラーハウスを併設しておられる定食屋さん B&Bきゅういち さんへ。
IMG_20160812_163521
「すみませ〜ん」
「? ご宿泊の方?」
「はい。今日は空きありますか?」
「お一人?ありますよ」
ってなことで、即決。
トレーラーハウス。
IMG_20160812_180316
部屋はご覧のとおりきれいです。独り休息を取るには十分過ぎる空間でした。
IMG_20160812_162815
しかし熱中症だったのか、手を結んで開いてするにもうまく動きませんでした。
シャワーを浴びて汗を流し、結局、午前中からその後は、食事スポットもないままでしたので空腹(@_@;)
すぐ先ほどのB&Bきゅういちさんに戻って、定食を注文させていただきました。
IMG_20160812_164934
そして、いろいろお話を伺うと、郷土料理だというぽーぽー焼き。
興味湧きましたので、単品注文。簡単に言うとなめろうのサンマ版を焼いたもののようです。
すみません。ちょっと食べかけです
IMG_20160812_165927
美味しかったです。
ぜひ召し上がってください!ポーポー焼き。
充実のお食事でようやく体力充填。
部屋に戻ります。
さて、このB&Bきゅういちさん。すごいのは定食屋さんとトレーラーハウスを併設しているというだけではありません。
なんと、お話しをしていたら、フットマッサージの達人もいらっしゃる!とのことでお願いすることにしました。
部屋で、やや痛いところもあったけど、ずいぶん回復した感じがしました。
足裏から内臓の問題もご指摘いただきました。

でも想像もしなかったロハスな空間をご提供いただきました(^.^)

色々お話を伺いますと、元々は「久一観光」さんという民宿を永らく経営されていたということです。
東日本大震災の時の津波の影響で、建物は全壊してしまったため民宿は廃業せざるを得なくなったそうです。
その後、街の再興のために!と現在の形で再スタートされたとのこと。


うん、ますます本日の選択・・・間違いなかった。

体力充填。明日に備えます。


8月13日へ続く