f463f490.jpg
87798f97.jpg
東京で赤穂浪士の討ち入りの日、私は山梨で学生歌舞伎一座の旗揚げのお手伝いをしてきます。
山梨学院大学の学生さん達が「酒折座」を立ち上げ、14日に舞台を踏むことになったのです。
うちの一門に山梨学院大学の教授がいらっしゃるご縁によるものですが、教授にうちの初代の話をしたのがそもそもの始まりでした。初代 花川蝶十郎は江戸の市村座の櫓振付師でしたが、甲府の亀屋座という芝居小屋に、時に一座と共に、また個人として興業に関わっていたことが近年の研究でわかってきました。初代のことは、初代の父の没後、市村座を出て後に駿府に下り没したと聞いていただけだったので、亀屋座のことを知った時はとても嬉しく、そんな話を教授に話したことから今回の酒折座に繋がりました。
私としても初代と同じような役割(もちろん初代には遠く及びませんが)を勤められたことはとても嬉しく感慨深いものでした。
それにしても六代後に同じようなことをするとは、縁とは不思議なものです。
今は皆が無事に舞台を勤められるよう環境作りに徹するのみ。あとひと頑張りですo(^-^)o

写真は先月行われたデモンストレーションの時のものです。ちょっといにしえの役者を意識してみました。
本番は
12月14日 午後6時30分開演 於 山梨学院大学
学生さんの出し物の後、口上と吉野山の道行を教授こと花川白蝶さんと勤めます。